TOPICS

カテゴリー

ブログ

肩こり腰痛などの根本原因は体温が関係していた?

現代人の多くは体温が低いために全身の血行が悪くなっています。それによって様々な機能が低下し、また、バランスも崩れて身体の至ところに弊害が生じています。

肩こりや慢性疲労・冷え症・腰痛頭痛といった、病気になる一歩手前の東洋医学でいう「未病」の状態で治療をすれば大事には至りませんが、何の治療もせずに放置した結果、ガンや糖尿病高血圧リウマチパーキンソン病うつ病などの精神疾患も招いてしまいます。

どの痛みや不調・病気も大変ですが、その根本は体温が低いことに起因していることが多いため、この大本を改善することで健康を取り戻すことも可能になります。

その方法が、当院では音響免疫療法です。この療法のメカニズムは「ブログ音響免疫療法で体温が上がるメカニズム」でも説明したように、板鳴り構造と網構造体に音楽を通すことで、骨伝導によって脊髄に響かせて摩擦熱が発生し、体温を37~38度に高めます。

これによって血液がサラサラになり、免疫細胞も活性化することで免疫力も高まります。そうなると、自然治癒力も働くようになり、自らの生命力で痛みや不調・病気を克服することも期待できます。

音響免疫療法(音響チェア)について、詳しくはこちら

ページトップへ

クーポン