TOPICS

カテゴリー

ブログ

“病気は音で治療できる”2500年前、ピタゴラスは知っていた

古代ギリシャの数学者・哲学者として後世まで名を残すピタゴラスは「音楽を医療に使う事が出来る」と確信していました。

「ドレミ」などの音の高さとその関係について、一番初めに体系的に研究したのがピタゴラスと言われています。

ピタゴラスが音について考えるようになったのは鍛冶屋の近くを通りかけるとハンマーの音が心地よいハーモーニーを持つものと、そうでないものがあることに気づいた、という逸話があります。

音楽療法は確立された臨床的方法であり、アメリカでも保険の適用により治療として使われているチベットボウルなど身体的・感情的・精神的な問題を克服する人々を支援するために幅広く施術に使われています。

チベットボウルも音楽の中に採用されている音による施術を当店の音響チェアでぜひ一度体験下さい。

ページトップへ

クーポン