TOPICS

カテゴリー

ブログ

胎児に学ぶ音響免疫療法~第1章前編~

第1章前編 羊水の響き

~胎児はどのように免疫力を生み出すのか~

 

【1.胎児の体温の仕組み】

まずは、私どもが着目した「胎児が体温を38度Cという高体温に保つしくみ」について、大まかな流れを見ていきます。

 

音響免疫療法は、「胎児の仕組みを大人の身体に適応することで自己免疫を取り戻す」という、他に類を見ない画期的な試みです。特許技術も20件近く組み込んでいるので、理論にすると難しく思える部分もあるかもしれません。

 

しかし胎児だった経験は誰しもが持っていますし、胎児の仕組みは、自然や命の仕組みの凝縮なので、体験的に理解いただける部分も多いのではないかと思います。

 

理解の鍵は、自然の一部として人間を見る視点です。

 

人間を癒すために人間だけを見ても、その解決策は見えてきません。視野を広げて、自然の一部として生きている生物として眺めると、見えてくるものがあります。

 

【2.生命は海からやってきた 海から見ると命は繋がる】

生物は、海から生まれ、そして進化してきたといわれます。

 

それを裏付けるかのように、私たちは皆、命を授かった瞬間からおよそ9か月のあいだ母親の胎内、海水によく似た「羊水」という体液の中で過ごします。

 

そして羊水の中で、35億年ともいわれる生物の進化の過程をたどるといわれています。

海と人間は、リズムも同じです。おだやかな海で観測される波の数は、1分間に約18回。

 

私たち人間の呼吸は、1分間に約18回。人間という生物の理を考えるとき、海をベースにすると、様々な理がピタリと合ってきます。

 

【3.胎児は魚のように脊髄で音を聞く】

それは、音の聞き方にもいえます。

 

海の中の魚は脊髄で音を感じますが、同じように羊水の中の胎児も脊髄で音を聞きます。

 

水中の音は、波紋の形で動きます。羊水の中では、母親の声や、心臓の鼓動、呼吸音、周囲の音などが、それぞれに波紋となり、あらゆる方向からやってきて重なるため、海中の波のようにうねりを起こしています。

 

そのうねりのすべてを、胎児は脊髄(脊髄の感覚器官と中枢神経)で聞くのです。水中でたくさんの波紋が重なり、うねりをともなっている状態を、私どもは、「響き」と呼んでいます。

 

水中を伝わる音と、空気中を伝わる音は、同じ波紋として扱えないほど性質が異なるため、このようにあえて区別しています。

 

~第1章後編に続く~

ページトップへ

クーポン