CASE

めまい

めまいの施術内容

めまいは自律神経の乱れや、首・肩のまわりの筋肉のこりやこわばり、低体温が深く関係して発症しているとされています。
その症状を改善していくには、手技療法をして首・肩のまわりのこりをほぐし、脳や内示への血液の流れをスムーズにして緊張を解き、副交感神経を優位にしていくことが大切です。
また鍼灸治療を用いた場合でも、体を緊張させる交感神経とリラックスさせる副交感神経のバランスを整えてめまいの症状を軽減することができます。
そして体全体を落ち着かせて自律神経を整えることのできる音響免疫療法もおすすめです。

めまいの症状

当院へお越しになる患者様の中には、「めまいが頻繁に起こるんだけれど、脳の病気だろうか」と真剣に考えすぎ、そのストレスによって症状をさらに悪化させてしまう方がいらっしゃいます。万が一本当に脳に何か問題があるのなら速やかに精密検査と治療を受けなければなりませんが、ほとんどの患者様の場合なら食生活や生活習慣を変えれば症状は軽くなります。

めまいの原因

西洋医学ではめまいを発症させる要因として、メニエール病もしくは良性発作性頭位めまいを二大疾患として名前をあげていますが、実際のところ、どんなに詳しく検査を行っても原因が不明という場合も多いです。

めまいの予防&対処法

体を冷やさない

“冷え”はめまいとはあまり関係がなさそうに思えますが、実際は「気」「血」「水」の流れを鈍くさせてしまう原因のひとつです。それらのバランスが崩れると、めまいも発症しやすくなるとされています。

ストレスをためない

現代社会では、それぞれが何らかのストレスを抱えていますが、もしストレスを感じたときはできるだけ早く発散できるように努めましょう。ため続けていると心と体の両方に悪影響が出てしまいます。

ゆっくりと静養をする

「心身を静かにして生命を養う」という行為が静養です。忙しさに追われてつい休憩をせずに時間だけが過ぎていた、なんてことはありませんか。たとえ忙しいときでも、しっかり心と体を休ませることは大変重要です。忙しいときほど、静養の時間を作ることが大切なのです。安心してゆっくりのんびり静養しましょう。

鍼灸 〉 音響免疫療法(音響チェア) 〉

ページトップへ

WEB予約

クーポン