CASE

パーキンソン病

パーキンソン病の症状

手足が震える【振戦(しんせん)】

寝ているときや座ってじっとしているときに、勝手に手足が小刻みに震えます。何かをしようとしたら自然とその震えは止まることが多く、パーキンソン病にとっては最もよく見られる症状です。

筋肉がこわばる【筋固縮(きんこしゅく)】

全身の筋肉がこわばってきて、身体が思うように動かせなくなります。そのこわばりが続くのを「鉛管(えんかん)現象」、まるで歯車のように規則的な動きになってしまうのを「歯車現象」と呼んでいます。

動きが鈍くなる【無動(むどう)・寡動(かどう)】

素早く動くことが難しくなります。全体的に動きが小さくなってしまい、歩行時にもほとんど手を振らなくなります。また、同時にいくつかの動作をしようとするとさらに動きが遅くなってしまいます。

体のバランスがとりにくくなる【姿勢反射障害(しせいはんしゃしょうがい)】

立っている状態で、軽く押されるだけでバランスを崩してしまいます。一旦バランスが崩れるとなかなか元の体勢に戻すことが難しく、そのまま転んでしまうことも多いです。これは認知症が進むと出てくる症状です(重症度分類でヤールⅢ度と呼ばれる状態で、難病の治療費が補助されます)。

 

パーキンソン病の原因

ドパミンという神経細胞は、歳を重ねるにつれて自然に減っていくものですが、健康の人に比べてパーキンソン病の患者様は、より速いスピードで減ります。ドパミンが減ると体を動かすのが難しくなったり、震えが出やすくなったりします。

細胞の中でαシヌクレインというたんぱく質が凝集することが、パーキンソン病の発症に関係していると考えられています。
普段の食事や仕事・住んでいる地域などは関連性がありません。また、まれに家族性に発症して遺伝子が特定されることがありますが、ほとんどの患者様は孤発性で、遺伝性は示されていません。

 

 

パーキンソン病の施術内容

音響免疫療法(音響チェア)により体温があがり酸化還元作用を強めることで酸化した鉄イオンを取り除くことができます。それと同時に脳の血流が増えることで、神経細胞を活性化させると症状改善が期待できます。

 

パーキンソン病の予防&対処法

音響免疫療法(音響チェア)や入浴、食事を見直すことで体温を上げる事が最も大切です。

入浴であれば半身欲、食事であれば粗食といわれる、野菜・山菜・発酵食品・米・麦・魚・海藻を中心とした食生活がおすすめです。

また詳しく知りたい方がいましたらお気軽にご相談ください。

音響免疫療法(音響チェア) 〉

 

↓併せてこちらもご覧ください

パーキンソン病の原因は脳の酸化にあった?

ページトップへ

WEB予約

クーポン