CASE

打撲

打撲の施術内容

打撲した部分のまわりに手技療法・鍼治療・音響免疫療法などを行って内出血を除去し、傷めてしまった筋肉の回復を促進します。それに加え、テーピングを行い患部を圧迫しながら固定することで、痛みを和らげるのと回復を早める効果が期待できます。

・転んでぶつけた場所が、いつまでも痛くてなかなか治らない
・階段から落ちておしりを強くぶつけてしまい、痛みが続いている
・スポーツ中に相手と激しく接触し、それ以来痛みが治まらない
上記のようなお悩みがありましたら、ぜひ一度ご来院ください。

打撲の症状

「打ち身」と呼ばれることも多い打撲は、体の一部をどこかにぶつけてしまったり、転んだ弾みで筋肉を損傷させてしまったりするケガのことです。
痛み・痺れ・青あざなどが代表的な症状として多くの方に見られます。打撲の程度が軽かった場合は、一定の時間が経過すれば自然に回復しますが、強くぶつけてしまったときは筋肉内で出血が起こり、強い痛みや腫れが出て日常生活に支障をきたします。

打撲の予防&対処法

手や足に打撲を負った場合は、まず氷もしくは冷水でしっかりと冷やし、冷たい布を当てて患部を固定しておきます。
万が一、時がたつにつれて、痛みが強くなったり腫れがひどくなるようであれば、必ず専門の処置を受けるようにしてください。

ページトップへ

WEB予約

クーポン