CASE

更年期障害

更年期障害の症状

主な症状としては
・身体のほてり
・発汗
・不眠症
・頭痛
・肩こり
・腰痛
・イライラする
・気分の落ち込む

などが挙げられます。

更年期障害の原因

女性は、30代後半から女性ホルモン(エストロゲン)の量がしだいに減少していきます。

そして、平均して50歳前後で閉経を迎えますが、その前後の45歳~55歳くらいまでを更年期と呼んでいます。

女性ホルモンは、女性の美しさを保ったり、生命誕生に関わるだけではなく、骨や筋肉、血管を強くしたり、脳や神経の働きをよくしたり、肌や髪を艶やかにするなど様々な働きに関わっています。ですから女性ホルモンは若返りの妙薬ともいわれ、女性ホルモンを分泌し続けることが出来れば、不老長寿の薬を手にいれたともいえる効果が期待できます。

急激に女性ホルモンが減少する更年期は、その変化に身体がついていけず、さまざまな不調があらわれることを更年期障害といいます。

更年期障害施術内容

当院では音響免疫療法で、自律神経のバランスも調整し、体温を上げることで肝臓の解毒機能や腎臓の濾過機能などが高まり老廃物が排出できることで身体の内側の血流があがります。


身体の内側血流が上がることで神経系にも作用して活性化することで自律神経のバランスが整います。

さらに血管も綺麗になることで柔らかくなり、女性ホルモンを身体が効率よく活用できるようにもなっていきます。

ページトップへ

WEB予約

クーポン