CASE

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの施術内容

椎間板ヘルニアの症状についても、当院にご相談ください。
痛みの出ている患部のまわりの筋肉に手技療法を行い、腰・臀部の筋肉や背骨にかかってしまっている緊張をやわらげ、さらに鍼治療を行って炎症を抑えることで痛みを軽減します。
そうして、椎間板にかかる圧力を減らし、ヘルニアの症状が進むのも防ぐことができます。
また、歩くときに姿勢がゆがんでいると、腰に与える負担が大きくなってしまうので、良い動作に変化させ、負担を軽くしていくこともできます。

併せて音響免疫療法で体温を上げることで回復をはやめることでより早く改善が期待できます。

椎間板ヘルニアの症状

骨と骨との間にある軟骨で、クッションの役割をしているのが椎間板です。その椎間板の中にある髄核(ずいかく)が何かをきっかけにして外に飛び出て神経を圧迫することで、しびれや強い痛みを発生させている状態が「椎間板ヘルニア」です。
椎間板ヘルニアは、首から腰にかけてのあらゆるところで発生する可能性があるのですが、腰の周りで発生することがほとんどです。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアを引き起こす要因としてはさまざまなことが考えられますが、ときに激しい運動をしたり椎間板に強い負担がかかった場合によく見られます。
・中腰の姿勢のまま、重いものを持ち上げたり運んだりする
・長時間にわたっての座り仕事や自動車の運転
・ゴルフなどの途中で、腰を勢いよくひねる
・柔道やサッカーといった動きの激しいスポーツ
これらのようなことが原因となることが多いです。

椎間板ヘルニアの自覚症状としては以下のことが挙げられます。
・腰から足の先までにかけてのしびれや痛み
・背中・腰の激しい痛み
・足の感覚が鈍くなっている
・尿や便が出にくくなっている
このような症状が感じられたら、できるだけ早めにご相談ください。

椎間板ヘルニアの予防&対処法

椎間板の特徴として、縦方向に圧力が加わっても大丈夫なのですが、前後に曲げたり横にねじったりする力には弱いため、普段から体をひねる動作をするときは、できるだけ注意するようにしてください。

また痛みで身体が力んでしまうため半身欲などリラックス効果のある事をすることも大切です。

ページトップへ

WEB予約

クーポン