CASE

糖尿病

糖尿病の症状

1型糖尿病

子どもや若い人が発症するのが多いです。最初は風邪のような症状が出ることが多く、それから、のどが渇いたり急激に痩せたり、尿が増えるといった症状が出てきます。
これを放置していると、ケトアシドーシスになってしまうので、できるだけ早めに治療を始めてください。

2型糖尿病

これといった自覚症状がないため、職場の健康診断などで発見されても、いつ発症したのかわからない、ということがよくあります。
痛みなどの症状がないからといって放置していると、合併症を引き起こすことがありますので、必ず治療を受けてください。

 

 

糖尿病の原因

1型糖尿病

膵臓のβ細胞が破壊されるため、インスリンが全く分泌されなくなってしまうのが1型糖尿病です。そのため、インスリンを体外から補給する必要が生じます。インスリン注射を欠かさないようにしなければ、生命の維持もままならなくなります。

2型糖尿病

もともと遺伝的に糖尿病になりやすい性質を持っている人が、肥満・ストレス・運動不足などをきっかけとして発病します。
発病すると、インスリンの効果がなかなか出ないようになったり、分泌のタイミングが悪化したりします。

 

 

糖尿病の施術内容

音響免疫療法(音響チェア)により体温があがり、自律神経の状態が正常になると副交感神経が優位になり排泄機能が高まります。それにより老廃物が排泄されることにより血行がよくなりインスリンを分泌している膵臓の負担が軽くなりインスリンの分泌増加が期待できます。糖尿病改善に週に2~3回の来院頻度が必要となり食生活の見直しも必要となります。

 

 

糖尿病の予防&対処法

糖尿病は血行障害と捉えるべきです。糖尿病は血行が悪いと起こりやすい病気で、その根本には体温が低いことが隠れています。音響免疫療法(音響チェア)や入浴や粗食(野菜・山菜・発酵食品・米・麦・魚・海藻を中心とした食生活)などを行うことで体温を上げる事が最も大切です。

 

音響免疫療法(音響チェア) 〉

 

↓併せてこちらもご覧ください

【ブログ】血液を綺麗にすれば高血圧・糖尿病は改善できる?

ページトップへ

WEB予約

クーポン