CASE

変形性股関節症

変形性股関節症の施術内容

手技療法や鍼治療・音響免疫療法などを股関節のまわりの筋肉に行うことで、関節や筋肉の痛みの軽減・血流の活性化の効果があり、症状を緩和することができます。
その他にも、股関節まわりのストレッチなど、普段からできることのアドバイスも行っていきます。また、日常生活の中での股関節の負担を軽減するためには当院の音響免疫療法(音響チェア)がおすすめです。

変形性股関節症の症状

変形性股関節症とは、軟骨がすり減っていくことで股関節の形が変わって動きが悪くなり、痛みが発生する症状です。股関節が痛むのをはじめ、動きに制限が生じたり、歩く時にも痛みが生じます。
股関節の痛みは運動することで増し、安静にすれば治まってくるのですが、症状が進行すると安静時や夜間でも痛みが治まらなくなります。
日本においては、先天性股関節脱臼や骨形成不全に次いで見られる病気です。

変形性股関節症の原因

一般的には原因不明の「一次性」と原因が明らかな「二次性」に分けられますが、日本では9割以上の方が二次性であるとされています。
二次性の原因は骨形成不全と先天性股関節脱臼が9割で、比較的女性の体に発生することが多いです。その他にも、大腿骨頚部骨折・股関節脱臼といった外傷を負ったあとや、炎症性・感染性疾患が出た後に発生することもあります。

変形性股関節症の予防&対処法

主な予防法としては、布団からベッドに変える、畳に正座するのをやめて椅子に座るようにする、トイレを和式から洋式にするなど、できるだけ股関節に負担をかけないようにしましょう。

また関節は運動量の多い部分のため潤滑油(水分)が多く、それに加えて筋肉や脂肪が少ないため冷えやすく老廃物が溜まりやすいためその毒素(老廃物)を免疫細胞が排除しようと繰り返し攻撃することで繰り返し炎症が起きやすいため体温を上げることが大切です。

ページトップへ

WEB予約

クーポン