TREATMENT POLICY

治療方針

様々な痛み・不調。
原因は多岐にわたります。
そんな無限にある原因に対して、たどり着いた答えが
音響免疫療法と整体・鍼灸の融合でした。

多様な治療を選択することで実現する明るい未来。
それが”創健治療院”独自の治療スタイルです。

創健治療院


Akaishi Rintaro

今から約10年前、投手としてプロ野球選手を目指していた大学時代、突然右肩に激痛が走りました。ドラフト候補にまでなった高校時代はケガをしたことがなかったため、最初はすぐ治るだろうという考えでした。
それから約3年、治療院や病院にたくさん行きました。右肩の手術まで経験しましたが、悪くなる一方でした。でも、自分の中で『このままでは悔いが残る』と思っていた時に、岡山にある鍼灸院に通い、肩が治りました。
色んな事を経験した中で『投球をしても痛くない』あの感動が、いまでも忘れられません。悔いなく野球を終えて『今度は自分が治してあげられるようになりたい』と考え、鍼灸師の免許を取得しこの世界に入りました。いまでは情熱をもって取り組める治療家という仕事に出会えたことでケガに感謝しています。
私がそうだったように、痛みや不調で好きな事をできない人を助けたい気持ちが、治療家としての原点です。

保険の取り扱いについて
(鍼灸)

適用疾患

以下の病気についての鍼灸治療は、健康保険が適用されます。

  • 神経痛(部位はどこでもかまいません)
  • リウマチ
  • 頸腕症候群(首から肩への痛み・ひどい肩コリなど)
  • 五十肩(肩関節の痛み)
  • 腰痛症(ぎっくり腰を含みます)
  • 頚椎捻挫後遺症(ムチウチなど)
  • 関節の痛み(変形性膝関節症など)

保険の取り扱いについて

保険を適用して鍼灸治療を行うには、いくつかの条件がありますが、前提として医師の同意書が必要です。
普段かかりつけになっている医院・クリニックなどで、鍼灸治療が必要である旨を医師に記入していただきます。
医院・クリニックに同意書が置いてない場合は、当院でお渡しすることもできますので、お問い合わせください。

保険適用にあたってのご注意

鍼灸の保険適用に関しては、次の事項に注意してください

  • 該当の疾患に関して最初に医院・クリニックで治療を行っていること。
  • 保険適用の鍼灸治療期間中は、医院・クリニックにおいて該当の病気に関しての治療は受けられません。(塗り薬や湿布薬などの処方箋も同様です。他の病気の治療は問題ありません)
  • 日頃懇意にしている医師に同意書を書いていただくと、保険治療に関する疑問点が聞けるため話がスムーズです。
  • 保険適用にあたっては、医師の同意を受けてから3ヶ月毎に再度診断をいただかなければいけません。(その際、二回目以降は同意書への記入ではなく、口頭でも問題ありません)
  • 患者様が加入している保険によっては、適用できなかったり、患者様本人が手続きしたりするものもあるので、お困りの際は当院にご相談ください。
ページトップへ

WEB予約

クーポン