CASE

変形性膝関節症

変形性膝関節症の施術内容

変形性膝関節症の場合は、膝のまわりの筋肉に手技療法を行って血行を良くしつつ、ほぐしていくことで膝がスムーズに動くようにします。それに加えて鍼をすることで炎症を抑えることができ、痛みをやわらげます。そして膝に音響免疫療法(音響チェア)にて冷えやすい関節を温めて、さらに痛みを軽減します。
同時に正確に足のサイズを計測し、靴の見直し・当院の施術を行って、正しい歩行の仕方を身につけていただきます。

変形性膝関節症の症状

膝の関節は普段の生活をしているだけでも、どんどん消耗していく部分です。頻繁に「曲げる」「伸ばす」「ねじる」といった動きが関節にかかりますし、日々自身の体重を支えているからです。こうして長年にわたって使ってきた膝の軟骨が、すり減ったり変形したりすることで痛みが発生するのが変形性膝関節症です。
膝のまわりには骨と骨との間でクッションのような役割をする軟骨が存在していますが、これは老化によりもろくなってしまいます。膝への負担が重なることで変形も進行していきます。

変形性膝関節症の症状としては以下のようなものがあります。
・膝のまわりに違和感がある
・膝の曲げ伸ばしがつらくなり、痛みも強くなり、正座がつらくなる
・さらに痛みが強くなり、日常生活にも影響が及んでいる
症状が進行するたびに、膝の変形が目立つようになります。

変形性膝関節症の原因

多くの要因が重なって膝への負担となり、変形性膝関節症を引き起こすことになります。
・加齢
・体重の増加
・筋肉の衰え
・ハイヒールなど足に合わない靴
その他にも、リウマチや膝のケガも原因の一つとして考えられます。

変形性膝関節症の予防&対処法

痛みを感じるようになったら、できるだけ早めの治療が必要となりますが、それ以外にも日常生活を見直し、膝の負担を軽くするよう心掛けることも大切です。

ページトップへ

WEB予約

クーポン