CASE

寝違え

寝違えの施術内容

寝違えにお困りの方に対しては、筋肉が収縮しすぎているため手技療法で緊張をほぐしたり、鍼治療をして痛みや炎症を軽減させるようにしています。
また、同時に整体も行い、首や背中の骨を調節し、関節の可動範囲を広げます。

寝違えの症状

寝違えとは、首のまわりの関節のトラブルによって、激しい痛みを感じたり、自由に動かすことができなくなる状態のことを言います。朝起きたときに急に首を回せなくなったり、顔を洗う際に首を前に倒すことが難しくなったり、という症状がよく発生します。

寝違えの原因

首から背中にかけての筋肉が緊張している状態で、うつ伏せをはじめとした悪い体勢で寝てしまうことにより、筋肉が固まってしまい痛みが出るようになります。それを一般的に「寝違え」と呼んでいます。また、その状態のまま急な寝返りを打つことで筋肉を痛めてしまい、寝違えが起こってしまうこともあります。

寝違えの予防&対処法

寝違えを起こさないようにするには、まずその原因となっている首や肩のまわりの凝りを防ぐために、心身に余計な負担をかけないようにすることが大事です。
普段から姿勢を正しく保つよう心掛けつつ、ストレスを回避するなどメンタル面にも注意が必要です。

ページトップへ

WEB予約

クーポン