CASE

挫傷(筋違い・肉離れ)

挫傷(筋違い・肉離れ)の施術内容

挫傷の症状が出てしまった場合には、まず鍼治療で痛みを抑えます。さらに、メディカルアロマオイルを使っての手技療法で筋肉の血行をよくします。

加えて音響免疫療法を行い体温をあげることで栄養を分解する酵素を増やし患部に栄養がよりいくことで早期の回復を期待できます。

挫傷(筋違い・肉離れ)の症状

挫傷とは、一般的には筋違いや肉離れと呼ばれているケガのことで、筋肉や腱が無理に伸びてしまったことでことで発症します。軽度なものであれば筋組織がやや伸びた程度ですが、重度なものになると組織が完全に断裂してしまいます。それに合わせて痛みや腫れ・機能低下の症状もさまざまです。
筋違いは、全身のどの筋肉でも発生する可能性がありますが、とくに多いのは、ハムストリングス・ふくらはぎ・大腿四頭筋・上腕二頭筋・背筋などといった大きな筋肉群です。十分に準備運動を行っていなかったり、そもそも筋力が弱かったり、疲れがたまっていたりするときはとくに注意を要します。
急に動いたとき、ランニングなどで同じ動作を繰り返しているとき、筋肉を使い過ぎたときなどに筋違いが起こりやすくなります。痛みを我慢して筋肉を使い続けていると損傷が積み重なり、やがて断裂に至ることがありますので、痛みがあるときはできるだけ早めに治療するようにしてください。

挫傷(筋違い・肉離れ)の予防&対処法

部活の練習前など身体を動かすときには、必ずウォーミングアップを十分に行うようにしましょう。体の筋肉や関節がほぐされず、硬いままで激しい運動を始めると、挫傷の危険性が高まります。普段のウォーミングアップのメニューの中に、筋肉の柔軟性を高めるストレッチを取り入れてください。
ストレッチには「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」があり、運動前に「静的ストレッチ」を行うとケガを誘発させやすいのですが、「動的ストレッチ」はケガを予防したりパフォーマンスを向上させたりする効果があります。
とくに、過去に挫傷を起こしたことがある部位は、同じ場所を傷める可能性が高いので、はじめは無理をせず負荷なしの自重スクワットからスタートし、徐々にペースを上げるようにするのが良いでしょう。また、寒い日はいつも以上にウォーミングアップに時間をかける必要があります。適切なエクササイズで筋力や筋持久力、バランス感覚を高めることで、挫傷はある程度防ぐことができます。

ページトップへ

WEB予約

クーポン