CASE

腰痛(慢性腰痛)

腰痛(慢性腰痛)の施術内容

当院では、腰痛に対して何種類ものアプローチの仕方があり、一人ひとりに適したオーダーメイドの手技療法を行うことが可能です。また、その他の治療法も併用しており、例えば、鍼治療なら筋肉の緊張をほぐしたり、整体では骨の歪みを正し本来あるべき姿に戻します。ストレッチでは筋肉の柔軟性と関節の可動域を高めることができます。痛みを和らげていくことで、日常生活の中でのストレスも軽減でき、心理的なケアも行えると考えています。全身の血流を整えられる音響免疫療法もおすすめです。
現在すでに腰の周辺に痛みや違和感があるという場合は、ぎっくり腰の可能性もありますので、できるだけお早めにご相談ください。

腰痛(慢性腰痛)の症状

「いつのまにか腰が痛くなっていた」「重い痛みがしつこく続いている」「しばらく放置したもののまったく良くならない」といったことに当てはまる方は、慢性腰痛の可能性があります。
病院での検査で原因が判明する腰痛(椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・圧迫骨折・尿路結石や内臓疾患など)は全体の約15%ほどで、ほとんどの方は受診しても「異常なし」と言われてしまうことが多いです。
「腰痛診療ガイドライン」(日本整形外科学会と日本腰痛学会による指針)では、腰痛の回復を遅らせる要因は心理的・社会的ストレスにもある、と書かれています。
腰は日常のあらゆる動作に関わってくるため、腰痛の症状があると日常のいろいろなことに制限がかかり、暮らしづらくなってしまいます。
腰痛は、日本人の約8割が一生に一度は経験するといわれている、大きな問題です。

腰痛(慢性腰痛)の原因

長時間にわたって同じ姿勢で座ったり足を組んだり、かたよった立ち方をすることが原因になったり、運動不足・疲労蓄積・不規則な生活習慣なども腰痛を引き起こすとされています。
また、人間は直立二足歩行をするため、足元の安定性が体のバランスを保つのに重要になってきます。そのため、ヒールなどの不安定な靴や、足に合っていない靴を履き続けることで腰痛が発症することもあります。

腰痛(慢性腰痛)の予防&対処法

日頃の姿勢や動作に注意すること、普段から下半身を鍛えておくことが、腰痛を予防するのに大切になってきます。できるだけ腰に負荷がかからないよう工夫しながら、背筋を伸ばすトレーニングを続けましょう。また、ストレッチを行って足首の柔軟性を高めることで、腰にかかる負担を軽減させることが可能です。

ページトップへ

WEB予約

クーポン