CASE

腱鞘炎

腱鞘炎の施術内容

腱鞘炎でお悩みの方に対し、当院では手首や指などの痛みが出ている部分だけではなく、肩や腕・頚の筋肉の状態も丁寧に見ながら、全体的に手技療法をしていきます。
痛みや炎症がひどいときには鍼灸治療や、炎症を抑えることができるオイルを調合したアロマオイル療法を行い、血行を促進させ筋肉を落ち着かせていきます。また、普段の暮らしではテーピングやサポーターをして患部を固定し動きを補助することで、手先を使うときに生じる痛みを軽減していきます。

また音響免疫療法で体温を上げることでより早く回復が期待できます。

腱鞘炎の症状

パソコンの操作など同じ動作を反復し続けることで、手首や指の一部分に重い負担がかかって炎症を起こし、痛みを発生させている状態のことを「腱鞘炎」といいます。
関節をスムーズに動かせるようにするのが腱で、その腱をストローのように包んでカバーしているのが鞘です。手の周りには腱鞘が多く存在するので、炎症が起こりやすくなっています。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎が発生する原因はとても簡単です。本人が持っている筋力よりも大きな負担が長い時間にわたって加わることで、炎症が起こってしまいます。
「使い過ぎによって発生する、腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症」で、患者様も筋力が弱い女性が多いです。その中でも、家事を毎日行う主婦・赤ちゃんを抱きかかえるママさん・ギターなど楽器の演奏家・料理を乗せたトレイを運ぶ飲食業の方がとくに多いです。また、女性ホルモンのバランスの変化が激しい時期(更年期や出産後など)にもなりやすいです。

腱鞘炎の予防&対処法

腱鞘炎の予防としては、患部を安静に保つことが第一です。

またサポーターを活用することでなどで患部を使わないようにすると負担がへるため痛みの悪化を防ぐことができます。

ページトップへ

WEB予約

クーポン