CASE

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺の施術内容

症状が見られる顔の筋肉に鍼治療を施し、刺激を加えることによって筋肉の動きを取り戻すことが可能です。日常生活の中でのストレスが原因となっている場合が多いので、首や肩のまわりの緊張をほぐすことで効果が上がります。できるだけ早く症状を改善していくために、原因の解決に努めることが大切です。

また音響免疫療法も組み合わせることでリラックス効果も期待できるため自然治癒力が上がり疲れをとりやすくなることでより早く改善が期待できます。

顔面神経麻痺の症状

・目を閉じることができない
・口角が垂れ下がってしまう
・額にしわを寄せることができない
・無意識によだれが出てしまう
・クチをとがらせることができない
顔面神経麻痺では、このような症状が見られます。こういった症状は発見が早いほど治療がしやすく、完治する可能性も高くなります。

顔面神経麻痺の原因

顔面神経麻痺の原因はまだ解明されていません。ウィルス・アレルギー・ストレス・冷たい風にあたることなどが原因ではないかと考えられていますが、まだはっきりとはしていません。
しかし、顔面神経麻痺をそのままにしておくと、ゆがんだ顔のままかたまってしまうこともあり、精神的なストレスを抱えたまま今後を過ごすことになってしまいます。

顔面神経麻痺の予防&対処法

動かなくなった筋肉をほぐし、そのまま固まってしまうのを防ぐため、筋肉に刺激を与えることで萎縮することを防ぐために、顔面の皮膚や筋肉を指先や手のひらでマッサージします。一日数回行うと良いですが、あまり同時に広い範囲をマッサージしないほうが良いでしょう。

ページトップへ

WEB予約

クーポン