CASE

骨盤のゆがみ(産後のゆがみ)

骨盤のゆがみ(産後のゆがみ)の施術内容

「手技療法」で筋肉のバランスを、そして「整体」で骨や関節を整えていく治療を行い、骨盤のゆがみから生まれる痛みや、その原因となっている体のゆがみ・癖などに対しても働きかけていきます。
骨盤や体のゆがみというものは、普段暮らしている中で無意識に出てしまう癖や、労働環境・スポーツによる負荷などで繰り返し出てしまうものなので、セルフケアもしていくことをおすすめします。
また、足の状態や歩行時に癖がある方は、足元から矯正していくことがゆがみをリセットするのに効果的です。体を支える足元からきれいになっていきましょう。

骨盤のゆがみ(産後のゆがみ)の症状

骨盤が傾いてしまうことで、仙骨という背骨を支える真ん中の骨も傾きやすくなってしまい、その上にある腰椎や背骨全体に大きな負担をかけてしまいます。そうすると関節障害が起こりやすくなり、椎間板の不調も増えてしまいます。そのような場合によくみられる疾患として、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などが挙げられます。

ヘルニアや仙腸関節のゆがみは、当該部分が痛むのはもちろん、坐骨神経痛などの他の疾患も併発してしまう可能性があります。さらに、骨盤がゆがんでしまうことで背骨に歪みが生じ、肩の高さが左右で差が出て、体の至るところの関節の動きが悪くなってしまいます。その結果、肩こりや背中の痛みなどが発症します。
そして、骨盤に何らかの異常があると、内蔵の働きも鈍くなってしまい、便秘・月経痛・冷え・むくみといったことにつながります。
お腹が出たり猫背になるなど、見た目にも悪影響が出ますので、骨盤のゆがみには気を付けたほうがよいでしょう。

骨盤のゆがみ(産後のゆがみ)の原因

どういった場合に骨盤がゆがんでしまうのかというと、転倒をはじめとした外傷や出産といったときにゆがみが発生するのをはじめ、足を組んだり正座を崩して横座りになったり、椅子に浅く腰掛けたり、いつも同じ側の方にバッグをかけたりなど、暮らしの中の何気ないことが骨盤の影響を与えることがあります。
また、足に合っていない靴での無理な歩行、スポーツでの一定の動作の反復・体の硬さ・外反母趾といったことも骨盤のゆがみに深く関係します。「いつも知らない間にスカートが回っている」「靴底が片減りしている」という方は、すでに骨盤のゆがみが生じている可能性があります。
そして産後にも注意が必要です。ホルモンの影響で骨盤が不安定になってしまい、そのままの状態で赤ちゃんを抱っこしたりすると、骨盤のゆがみに繋がったりします。産後は6ヶ月間ほどにわたってホルモンの影響がありますので、日によってゆがみ方が違っている場合もあります。

骨盤のゆがみ(産後のゆがみ)の予防&対処法

基本としてはストレッチを行って筋肉を柔らかくしておくことが大切です。そして大腰筋・腸骨筋といった骨盤の中のインナーマッスルを鍛えておく必要もあります。
それらを鍛えるトレーニングとして最適なのは、ヨガ・ピラティス・骨盤回し・お尻歩きなどがあり、水中ウォークやバランスボールを使ったトレーニングも効果があります。

ページトップへ

WEB予約

クーポン