CASE

五十肩

五十肩の施術内容

五十肩でお困りの方には、仕事中や家事の時に痛みを感じないようにするための施術を行っています。筋肉の緊張をほぐす手技療法や、炎症を抑えるための鍼、血行の悪い関節の血流をよくする音響免疫療を行っていきます。また、アイロン体操・棒体操といった運動療法の指導や、肩のまわりの筋肉のストレッチも行っていきます。
早めに施術を始めればもちろん痛みも早く和らぎ、再発を防止することも可能です。少しでも違和感を感じている状態であれば、お気軽にご相談ください。

五十肩の症状

・着替えの時に肩が痛む
・髪を結ぶときに肩が痛む
・洗濯物を干すときに痛みがある
・後ろポケットのものを取り出すときに痛みを感じる
・肩の痛みで夜に眠れない、もしくは痛すぎて目が覚めてしまう
こういった症状が50代の方に多く見られるため「五十肩」という名前がついています。医学の世界では「肩関節周囲炎」と呼ばれ、その名の通り、肩の関節の炎症により痛みや動かしにくさが出るようになります。
症状の特徴として、初め(急性期)は徐々に強い痛みが出てきて、そのうち何もしていないのに痛かったり(自発痛)、夜に痛みが強く眠れなくなったり(夜間痛)といったことがあります。慢性期に入ることで痛みは若干やわらぎますが、やはり動かすときに痛みが走ったり、動かすのが大変だったりします。
中高年の方には多く見られる症状ですが、治療をせずに放置していると、治るまでに1~2年かかることもありますので、早めに施術を開始することをおすすめします。

五十肩の原因

五十肩になってしまう原因として考えられるのは、
・肩の周辺の筋肉および靱帯の老化
・普段から体を動かさなかったことによる筋力低下
・転倒をはじめとした外傷が原因
といったものです。

また関節は筋肉が少ないため冷えやすく、水分(潤滑油)が多いため血行が悪くなりやすいのも原因です。

五十肩の予防&対処法

痛みが強く、夜も眠れない時期(急性期)は、普段から安静にすることを心がけ、できるだけ肩に負担がかからないように気を付けましょう。

また炎症が出ていないときはしっかり入浴をして冷やさないようにすることも大切です。

ページトップへ

WEB予約

クーポン