CASE

頭痛

頭痛の施術内容

手技療法で首や肩まわりの筋肉をほぐし、頭痛を引き起こすポイントを丁寧にアプロ―チしていきます。

また音響免疫療法も組み合わせることで頭蓋骨をゆるめ頭皮もゆるめることで改善が期待できます。

頭痛の症状

一番多くの方が悩まされているのは緊張性頭痛と呼ばれるものです。首や頭のまわりの筋肉がこったり、精神が緊張することで発生し、頭が締め付けられるように痛くなるなど、重い症状が発生します。その次に多く見られるのが偏頭痛です。頭の片側もしくは両側がズキズキ・ガンガンと痛くなるという症状が出ます。これは頭の中の欠陥が腫れ、炎症を起こしているために痛みが出てくるもので、ひどいときには吐き気を催すこともあります。

頭痛の原因

頭部に限定して痛みが出る症状を「頭痛」と呼びます。その原因は、頭痛そのものが発生している場合と、何か別の原因疾患があって、その影響で二次的に発生する場合とがあります。頭痛が悪化すると日常生活にも悪影響を及ぼしてしまうため、たくさんの方がその症状に頭を悩ませています。
さまざまな種類があるのが頭痛の特徴で、偏頭痛や風邪のときに出る頭痛、肩や首の筋肉が緊張して発生する緊張型頭痛、感染症や脳血管の障害によって発生する頭痛など、いろいろなものがあります。
その中でも特に、緊張型頭痛は近年になって増加傾向にあり、携帯電話やスマホの普及により目を酷使するのが増えたことや、一日中パソコンと向かい合うデスクワークが増えたことが原因とされています。

頭痛の予防&対処法

筋緊張性頭痛

頭痛を予防するためには、症状の原因となっている筋肉の緊張を解きほぐすこと、そして起こさないようにすることです。普段から正しい姿勢を維持するよう心掛け、骨格・体格のゆがみを改善していき、また精神的にはストレスをうまくコントロールすることも大切です。
頭痛が出てきたら入浴・ストレッチ・マッサージなどを行って、筋肉の緊張状態を解くようにしましょう。

手技療法 〉 鍼灸 〉 整体 〉 音響免疫療法(音響チェア) 〉

↓併せてこちらもご覧ください

頭蓋骨を緩めれば偏頭痛は改善できる?

 

ページトップへ

WEB予約

クーポン